血圧が高い状態が状態化しているのが高血圧

夫妻

食事を改善

高血圧を改善する方法で、最も効果的なのが食事を変えることです。塩分の量や間食をコントロールして、血圧を下げるようにしましょう。外食する場合は、塩分の量に気をつける必要があります。

和食

病気を引き起こす

高血圧になってしまうと、様々な病気を引き起こしてしまう恐れがあります。中でも脳卒中は特に有名な病気です。脳卒中には種類があります。脳梗塞や脳出血、蜘蛛膜下出血が知られているでしょう。

和食

治療方法

高血圧になった場合は、リスクの高さによって治療方法が変わってきます。低リスク群の方は生活習慣の改善から始めるでしょう。ですが、高リスク群の方は直ちに降圧剤治療を利用した治療を施さなければなりません。

血圧について

食事

高血圧を改善するには、基礎的な知識が必要になってきます。身体の血液というものは、心臓がポンプの役割りを果たして身体中に送っているのです。運動や食事を取ると一時的に血圧は上昇するでしょう。血圧とは、心臓が血液を送り出す圧力のことです。この圧力が高い状態が常態化してしまうと、高血圧と診断されます。一般的に食生活の乱れなどで血管壁に問題を抱える場合は、血圧が高くなると危険を伴うでしょう。高い血圧に血管が耐えきれずに、破裂してしまうことがあるのです。脳の毛細血管などが破裂してしまうと、脳卒中などの危険性がましてきます。血圧が高くなってしまうと病気のリスクも高まるのです。一般的に年齢が高くなると、高血圧になる可能性が高まってしまいます。ですが、最近では食生活の乱れから若い方でも血圧が高い方が増えてきているのです。血圧には基準値というものがあり、収縮期血圧と拡張期血圧があります。一般的には上と下と呼ばれることが多いでしょう。収縮期が140から159mmHg以上なら軽度です。160から179mmHgなら中度、180mmHg以上は重度といった具合に分かれます。また、拡張期では90から99mmHg、100から109mmHg、110mmHgと分かれます。前者から軽度と中度、重度に分かれているのです。基本的に喫煙や飲酒をしている場合は血圧が高くなりやすく、運動後にも血圧は上昇します。正確な数値を測る場合はリラックスした状態で測る必要があるのです。一般的に食生活の乱れや、生活習慣の乱れによって高血圧になってしまうと言われているので、心あたりがある方はチェックしておきましょう。