血圧が高い状態が状態化しているのが高血圧

ウーマン

病気を引き起こす

和食

高血圧になると、様々な病気を併発してしまいます。基本的に血圧が高まっても、自覚がない場合が多いのです。高血圧が引き起こす病気について紹介していきます。一般的に血圧が上昇すると、動脈硬化を引き起こしてしまうでしょう。常に血圧が高い状態が続くと血管が固くなってしまうのです。動脈硬化が進行してしまいます。動脈硬化を放置してしまうと、脳卒中や心不全などの命に関わる大きな病気を引き起こしてしまうでしょう。高血圧になると、最も危険とされている病気が脳卒中です。血圧が高くなると脳卒中のリスクも高まります。脳卒中にはいくつか種類があり、脳梗塞や脳出血、蜘蛛膜下出血がとても有名です。脳梗塞は血管が詰まり、詰まった先の細胞が壊れます。また、脳出血の場合は動脈硬化で劣化した血管が破れて脳の中で出血を起こすのです。劣化した血管と高い血圧が組み合わさることでこのような症状が引き起こされます。出血によって脳内に流れた血液が脳を圧迫してしまうのです。蜘蛛膜下出血は動脈瘤が破れて出血します。脳の表面と蜘蛛膜の間に血液が流れることで、脳を圧迫するのです。このような病気はいずれも死に至る可能性があります。死に至らなくても、感覚障害や運動障害などの障害が残るのです。一般的には身体に麻痺が残ることで知られています。今までのように健康に身体を動かすことは難しくなってしまうのです。高血圧になると、このような恐ろしい病気のリスクが高まってしまいます。病気のリスクを少なくするためにも、日頃から食生活や生活習慣を改善するようにしましょう。